PHPerがSwiftでiOSアプリ作って公開してみた 1 - はじめに

 

f:id:otowa_jp:20160302183032p:plain

 

SwiftがOSS化されて、Githubでの開発も盛り上がってますね!

今回申請したアプリはこんなのです。

 

geo.itunes.apple.com

 

Webをスクラップしようという考えで作った、ソーシャルブックマークアプリです。

アプリ内からブラウジングして気になる記事をスクラップブックにスクラップすることができます。ユーザーは、他のSclap利用ユーザーのスクラップブックをフォローできるので、ソーシャルな機能も含んでいます。

 

スクリーンショットです!

 

f:id:otowa_jp:20160302155321j:plainf:id:otowa_jp:20160302155317j:plain

f:id:otowa_jp:20160302155319j:plainf:id:otowa_jp:20160302155318j:plain

 

参考アプリは、Tumblr、Pintarest、はてなブックマークです。

初めてアプリをリリースしたので、まずは模倣からですが少しづついいとこ取りをして機能する段階でバージョン1.0をリリースさせていただきました。

 

私はどんな人間か

 

大学まで野球一筋、元音楽作家・アーティスト、元IT企業のWebプログラマ。グミおいしい。現在再就職活動中の27歳。こんな人間です。

 

音楽作家としてのリリースの一部

 

アプリを作った経緯

 

アプリを作るのは僕の3年前からの目標でした。

いい歳した男が、少年のような思いに従ったというのが経緯になります。今回のリリースも、音楽で言うなら、初めてMPCで組んだシーケンスを友達に聞いてもらうような感覚です。自分が作った作品を世の中に出す瞬間は何にせよワクワクするものです。またそれとは逆に、怖くてたまらない時もあります。自分が作ったものに対して評価を受けること。逆に全く見向きもされないこと。多分これは自分が音楽をやっていた時と一緒な感覚だったりします。

ですが、最後まで作りきること、世に出すことで知れることは計り知れないと思うのです。それが現実であれ、可能性であれ、自分の実力であれ、一歩前に進めたと解釈できることであれば、それは誰がなんと言おうと自分にとってやってみる価値があることだと思ったりするのです。

 

今後のブログ更新に関して

 

自分がつまずいたところや反省点を軸に技術的な部分にも触れつつ、数回にわたって「PHPerがSwiftでiOSアプリ作って公開した話」の連載をしていきたいと思います。

僕が記事を書く理由は、自身の開発の振り返りが9割、同じように手探りでアプリを作っている方がスムーズに開発できる助けに少しでもなればという自己満足のような思いが1割です。

ここはこうした方がスマートだなとかアドバイスがありましたら、お手数ですがご指導ご鞭撻よろしく御願いいたします。独学のレベルを抜け出す助けをしてくださる方に自分は最大の感謝をおくらせていただきます。

 

またこのシリーズは、以下の連載に大きな影響を受けています。開発時にも非常に助けられたことから、リスペクトの意味を込めてリンクを掲載させていただきます。

JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その1 Overview〜 | TEJI TECH BLOG